現代貨幣理論(MMT)

安倍晋三元首相が、「日本は1千兆円借金しても大丈夫」と言っている記事を読んだのですが、どういうことなのか簡単にまとめました。


現代貨幣理論(MMT)というものがあります。
Modern Monetary Theory or Modern Money Theory (MMT) is a heterodox macroeconomic theory
MMT は、異端のマクロ経済理論だという人がいます。
自国通貨を発行できる政府は財政赤字を拡大しても債務不履行になることはない
財政赤字でも国はインフレが起きない範囲で支出を行うべき
税は財源ではなく通貨を流通させる仕組みである
政府は負債が増えても通貨を発行して返済ができます。財政赤字が膨らんでも債務不履行になりません。
MMTでは、経済活動を優先して、その結果として、貨幣の量が増加すると考えます。
赤字の補填ではなく、インフレが起きない範囲で、市場の需要に応えて、財政赤字でも支出を行うべきだと考えているのです。
国民が納税するためには、先に国家が支払いを行わなければなりません。税収は国にとっては「支払ったお金が戻ってきただけ」なのです。税は財源ではなく、通貨を流通させる仕組みです。
安倍元首相は「日銀は政府の子会社」と主張していますが、MMTでは、政府と中央銀行を統合的に扱います。日銀の負債は政府の負債です。
岸田首相や麻生副総裁は、全く違った考えを持っているようです。
岸田首相・麻生氏「財政再建」VS高市氏・安倍氏「積極財政」...自民党内の路線対立があの事件の遠因に?
自民党内が「積極財政派」と「財政再建派」に割れている。国の借金は2022年度末に国内総生産(GDP)の約2倍の1026兆円に達する見込みで、先進国で最悪となっているが、今夏の参院選を前に思惑の違いが表面化し、党の会合では両派が激しく言い争う泥仕合になっている。その余波は霞が関にも及んでいるようだ。2025年度の財政再建...
物理の理論は、実際に宇宙にロケットが飛んで行っているくらいなので、実証されているのかなと思いますが…
経済理論って、ミクロ経済理論とかマクロ経済理論とかいろいろありますが、何が本当なのかよくわからないですね。
日本が海外に持つ資産額から負債額を差し引いた「対外純資産」は、世界一らしいですよ。日本は世界一のお金持ちなんですね。負債は、それほど気にしなくてもいいような気がしますが…
「対外純資産」初の400兆円超で過去最高 円安で円換算額膨らむ | NHK
【NHK】日本が海外に持つ資産額から負債額を差し引いた「対外純資産」は、去年末の時点で初めて400兆円を超えて過去最高になりました…

タイトルとURLをコピーしました